取手みらいねっと
50歳を過ぎて自分が住んでいる地域やそこに生きる人々との交流などを通じて、もう一度自分自身の過去や未来を見つめていきたい。その一助としてブログを通じた情報交流をしてみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

取手市の市長選

藤井氏に質問してみました

 
 取手市の市長選挙を控え、現市長の塚本氏の対抗馬として藤井氏が浮上しているようです。

 やはり取手市民としては興味があるので、チョット藤井氏のWEBを覗いてみました。”良く判らない”が感想。
 そこで、率直に質問してみました。

 藤井氏のWEB URL
http://www.shingogo.com/

 なるべく失礼のないようにしたのですが、”いきなりの物言い”ですから、返事が返ってくるか判りません。

 【質問内容】

1.氏のWEB上で書いてある考え方には一般論としては多くの 賛成点がある。

2.地方自治体の財政難や税金の使い方等の批判は一般論で言 われている限りもう結構です。(毎日の新聞に出ているか  ら)

3.具体的に取手をどうしようとしているのか示して欲しい。
 フォートウェインの経験は今の日本でももっと考えて政策に 反映できる経験ではないか?

4.政策が総花的で具体論がない。何をやれば全体の閉塞的な 市政の財政、行政状態を変えられるのかという政策的な視点 を示して欲しい。

5.出来ればプレゼンテーションのように明確に主張を示して 欲しい。

 と言ったことをお願いしました。

 取手市にはこれからも私や家族が暮らしていくし、どのような”まち”を作るかは私たち自身の問題だと思います。

 私は、これからのことを考えると”高齢者””子育て””教育””外国人””環境=京都議定書のCO2削減””商店街=地域文化・コミュニティー”がキーワードだと思っていますが、これをお読みになった方は如何でしょうか。

 【補充】

 日本に在住の外国人の方々や外国在住の日本人や外国人の方は、日本人が自分の”まち”の将来のことを考える時にその一項目に”外国人”を入れるのに複雑な思いがあると思いますので、チョット付け加えます。

 日本は移民国家ではなく永い間単一民族として生きてきた歴史があって”異文化”をなかなか受け入れられない面があります。

 しかし、これからは変えなくてはならないと思います。日本で外国の方が生活して交流していただければ、私たちの”狭い民族意識や価値観”が広がっていくと思います。

 日本では一部の外国人の行いを取り上げて”排除”したり”偏見”を持つような風潮もありますが、私はこれからの日本人はそんな偏見を乗り越えて”異文化・多様性・多くの価値観”を理解し、持てるようにならなければ国際社会から孤立してしまうと思っています。

 是非日本人の将来のためにも(勿論あなた自身のためにも)ご理解頂ければと思っています。

スポンサーサイト
【2007/04/08 13:45】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(3)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。

Author:いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。