取手みらいねっと
50歳を過ぎて自分が住んでいる地域やそこに生きる人々との交流などを通じて、もう一度自分自身の過去や未来を見つめていきたい。その一助としてブログを通じた情報交流をしてみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

冷麺が消えた??

アメ横から冷麺が消えた??


 昨日はチョッと別件の仕事でお昼頃に高田馬場へ!結構打ち合わせはスムースに行って(要するに私のおしゃべりが少なかったから)14時頃にはフリーになりました。m(_ _)mサボったわけではありません。
 そこで以前からの懸案事項の調査へ・・・内容はナイショです。調査に行く途中で、チョッと寄り道を(時間もあることだし)と思って、久々にアメ横に行きました。
 そこでビックリ!!
 いつも行くエスニックのお店や朝鮮族関連のものがいろいろあるお店を覗いたのですが、麺が無い!!
 おかしいですね? 冷麺用の麺がどこにも店頭に無いんです。お店の人に聞いても、何やら訳ありな顔なんですが教えてくれませんでした。それでも一応”今年は農産物の出来があまり良くないけれど、だからといって麺がなくなるとは思えない”程度のことは言っていました。どうしたんでしょうね?
 誰か知っている人がいたら”ソット”教えてくださいね(・・;


 昔のままのたたずまい


 ついでと言っては何ですが、昔懐かしいところもチョッと覗いて来ました。
 まだ、私が奥さんと結婚する前に連れて行かれた”とんかつ屋さん”を探したのです。
 家の奥さんはあまり世の中の事に左右されない感じで(私と正反対です)ブランドなんか全然関係ない!と言う人だと当時は思っていました。(世の中の事にあまり左右されないのは今も同じですが)
 ところが!?一緒に飲みに行くと(彼女はあまり飲まないのでほとんどありませんでしたが)注文するものは”何とかカクテル”などと言ったりするので当時の私はビックリギョウテンしたときもありました。
 そんな一幕で、”今日はチョット懐もあったかいし(普段はデートでも割り勘でしたが)”奢るよ!!”と気張ったところ、”じゃっ行きたい店があるんだけど”と乗ってきました。それに気を良くして鷹揚についていくと、御徒町の松屋の裏側に連れて行かれ、入ったところが”とんかつ屋さん”でした。それが、二階の座敷で、注文したのが”ひれかつ定食”私は当然ビールの中ビンも注文しました。その”ひれかつ”がまん丸のまま揚げてあるんです。分かりますか?1~2センチの厚さに切って揚げたのではなく、フィレ肉の丸い棒状のままで揚げたんですよね(これは結構技術もいるようですよ)
 そして!値段が当時の私のサイフの状態(いや生活水準)からすると目の玉が飛び出るような(チョットオオバーですが)でも、かなりのお値段でした。

 久々に近くを通ったので、チョット道をそれてその頃の界隈を歩いてみました。場所は上野広小路ですが、「上野東広小路会」と言う町会の掲示板がありました。
 その一角には昔ながらのお店が肩を寄せ合うように残っていました。地鶏焼きの「伊勢」、つくだに&つけものの「上野 大和屋」寿司の「のげ鮨」「寿司源」そして多分ここだと思ったところにそれらしいお店を発見しました。「蓬來屋」この來の字は本当は上に山が二つ乗っている古い字なんですがIMEパッドで探したのですがありませんでした。
 確かここだったと思います。午後5時以降しかやっていないので暖簾も出ていなくて確認できませんでした。

 もし近所に行く事があったら覗いてみてくださいねm(. .)m
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2006/05/09 11:07】 | 日中交流 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Lenovo製ThinkPad日本上陸! | ホーム | 延吉市の投資・貿易説明会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。

Author:いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。