取手みらいねっと
50歳を過ぎて自分が住んでいる地域やそこに生きる人々との交流などを通じて、もう一度自分自身の過去や未来を見つめていきたい。その一助としてブログを通じた情報交流をしてみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

最近の中国の政策変化

中国は経済建設の修正を試みている?



最近の中国の報道を見ていると、今までの経済建設の方針を修正しているように思います。



 今までの”改革・開放路線”は、沿海地域の先端技術を重視し、その発展を基礎に従来産業の革新を行い、全体としての経済発展を実現すると言った感じでした。

 しかし、現実には都市部と地方の格差が拡大する一方で、農村地域は相変わらず厳しい生活を余儀なくされています。

 また、外資導入が経済発展の重要な要素である事は事実ですが、誘導する側の計画がずさんなものもあり、必ずしも成功していないプロジェクトも多いようです。


 こうした発展のアンバランスを是正する役割を担っているのが、どうも国務院の「国家発展和改革委員会」のように思われます。
 各級プロジェクトの管理・監督はほとんどが国家及び各省の「発展和改革委員会」です。

 そして、不動産価格の暴騰や国家及び省レベルの投資の抑制及び統制に関する国務院”通達”を出しているのがこの委員会です。

 
 先日参加した「日中省エネルギー・総合環境フォーラム」でも中国側の閣僚級スピーカーの中に、この「国家発展和改革委員会の副主任がいました。

 WEBで見てみると、かなり大きな組織のようです。あらゆる分野を網羅した組織のようで、エネルギーから各産業、文化政策といったものまで、部署がありますしかなりの専門家がいるようです。


 数年前に仕事で国務院直属の「国家発展中心」と言うところの市場経済研究所の副所長と言う方とお話しした事がありましたが、こうゆう人たちも外部メンバーとしては入っているのかもしれません(この組織はまだありますが)。


 多分、今の発展スピードと発展のバランスでは、中国経済は失速するのではないかと私は個人的に感じていました。

 こうした最近の動きを見ていると、私の感じ方もそう当て外れでもなかったと思います(結構多くの方がそう感じていたのですが)。


 もう少し、ウォッチが必要ですが・・・
スポンサーサイト
【2006/06/18 07:21】 | 日中交流 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ご無沙汰しました。 | ホーム | 上野のまち>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。

Author:いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。