取手みらいねっと
50歳を過ぎて自分が住んでいる地域やそこに生きる人々との交流などを通じて、もう一度自分自身の過去や未来を見つめていきたい。その一助としてブログを通じた情報交流をしてみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

中国不動産事情

延吉の不動産事情


 延吉の友人がマンションを買いました。新しい高層15階位?の10階で、広さは58平米だそうです。

 延吉市内で中心部から徒歩20分位?(タクシーは市内5元)で1LDK?のようですが、価格は約16万元(1元=約15円)、年間管理費が700元です。

 中国のマンションは”外側”だけ。内装はすべて自分でやります。時間がある人は自分で材料を買い、施工も自分でする人もいるようです。
 内装の施工費用と新しい家具、諸費用などで20万元近い出費のようです。

 延吉がある吉林省の一般労働者の平均賃金は大体500-600元です。ある地方政府の友人は870元と言っていました。
 1000元としても200ヶ月分に相当します。これはまだまだ庶民の高嶺ですね。
 延吉は今急速に発展している都市の一つです。だから不動産価格もかなり上がっているし、また今までになかった高級マンションも多く出来ているのでしょう。

 以前にその友人が住んでいたアパートは、場所は今回のマンションと近くだそうですが、かなり古い建物で狭い階段の4階でした。家賃が月300元だと言っていました。

 他のBlogで読んだのですが、延吉から車で2時間くらい行った北朝鮮との国境付近では、過疎化で空家が多くタダで住めるそうです。

 中国でも5-60年代の日本と同じように農村から都市への人口の集中が起こって、辺境の農村はすでに過疎化しているのでしょう。
 中国政府も最近”経済調整”として、農村の経済発展に力を入れ、過熱した不動産投資に歯止めをかけようとしています。すでに高騰している(北京や上海はすごいようです)ので、止められても下げるのは難しいように思います。
スポンサーサイト
【2006/11/06 10:28】 | 日中交流 | コメント(0)
<<日中友好ジョイントコンサートinとりで | ホーム | ご無沙汰しました。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。

Author:いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。