取手みらいねっと
50歳を過ぎて自分が住んでいる地域やそこに生きる人々との交流などを通じて、もう一度自分自身の過去や未来を見つめていきたい。その一助としてブログを通じた情報交流をしてみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

中国事情 ThinkPadリサーチ等

中国事情 (Lenovo)ThinkPad情報・携帯事情


 チョット中国に行ってきました。東北部を主に巡ってきたのですが、ついでに?携帯電話の市場調査とLenovo製ThikPadの発売状況も調べてきました。


 先ず携帯の情報から。通信状態は郷・鎮(日本で言えば町・村=人口数千人程度)までは通信可能(GSM?)もっと小さい村(2~3十軒)のところは分かりませんでした。途中の道路を車で走行中はダメ。観光地は通信可能と言った感じでした。農民はあまり持っていない感じでした(必要ないのでしょう)。地方は特に公共交通機関がないのでタクシーや乗り合いバス?の人たちが頻繁に携帯で連絡を取り合い、お客を取っているようでした。乗り合いバスでは携帯で連絡を取り合い、席が空いていると途中でお客を拾っていました。


 携帯端末の値段は大体7・800元から5000数百元と言った感じです。地方ではお店に入らなかったのでよく分かりませんが、北京の王府井(ワンフーチン=北京の中心街の繁華街)で入ったお店ではNECが比較的安く800元台から3000元弱、ノキアが一番高く約2000元から5000数百元、モトローラが中間で1000数百元から3000数百元と言った感じでした。    中国の平均賃金が上海が一番高く7000元位、北京は二番目で6500元位(チョット古い情報かもしれませんが)。だから中国人は月収の半分くらいの携帯電話を良く買っているのではないかと思います。地方では賃金が安いので、ある地方都市の人は月収850元の青年官僚でしたが、1000元の携帯電話(カラーじゃなかったみたい?)を最近無理して買ったと言っていました。月収を超える携帯端末でも無理して買う。これが今の中国の携帯事情の特徴かもしれませんね。


 では、Lenovo(旧IBM)のThinkPad情報です。地方都市ではデパートみたいなところのLegend(Lenovo集団の中核PC企業?)のコーナーに行ってもThinkPadはありませんでした。元IBMのThinkPadは?と拙い英単語を並べて聞いても全然通じませんでした。やむを得ず日本語が分かる中国人を介して”LegendがIBMから買収したノートPCはあるか?と聞くとやっと分かり、大連、北京、上海でしか売っていないとのことでした。


 北京の王府井のLegendコーナーで調査。やはり百貨店のLegendコーナーにありました。R52シリーズで液晶の下の枠の所に目立たないようにLegendの文字があるようでしたが、それ以外は全く純正のIBM ThinkPadと同じです。スペックを指定してCPU1.86G,メモリー512MB,HDD60Gで価格を聞くと約20,000元(198,880元?)今度は円レートへの換算をお店の人と筆談、単語を交えて悪戦苦闘で行うと、結果27万円ということでした。高いと騒いで20万円位じゃなきゃ買わない!とやっていたら、いろいろ電卓を叩き出しどうも22万円位にはしそうな雲行きになって来たので、もともと冷やかしでしたのでさっさとお店を出てきました。日本に帰ってきてLenovo Japanで調べると同じスペックのR52-1858APJが¥187,950円で販売価格として載っていました。中国ではCPUがInterの新しいCentrinoと言っていましたが、Lenovo JapanではInter Pen Mobile750になっています。もしここが違っていても提示価格で8万円(約1.44倍)とはチョットひどいですよね。多分直営店ではなく代理店マージン分があり、中国は値段通りに買う習慣のない国ですが、それを勘案してもチョット腑に落ちません。出始めだし国内の競争が無い?(ThinkPadに関しては)ので謂わば独占価格なのでしょうか。どなたか詳しい人に聞いてみたいです。     

スポンサーサイト
【2006/04/01 15:48】 | PC&携帯事情 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<誰もが勝手に紹介する好きなお店 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。

Author:いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。