取手みらいねっと
50歳を過ぎて自分が住んでいる地域やそこに生きる人々との交流などを通じて、もう一度自分自身の過去や未来を見つめていきたい。その一助としてブログを通じた情報交流をしてみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

明日はライブ、今日は九条の会です

明日は岡本さんのライブ、

今日は九条の会なのですが



 明日は岡本さんと崔さんのジョイントコンサートです。期待しています。市民会館大ホールですからね。

 客席は一杯になっているでしょうか。チョット心配です。
 誰かを誘いたいのですが、なかなかそうした人がいなくてもどかしいです。
 このBlogを見てくれた人で興味がある方は是非ご来場くださいね。



 今日は九条の会の憲法セミナーで、お茶の水の明大に行く予定でしたが、チョット仕事が立て込んで行けなくなってしまいました。



残念です。

 澤地久枝さんのお話しも期待していたし、特に中国から早めに帰国して「アジアの平和を九条の心で」という講演をする辻井喬氏の話しを是非聞きたかったのですが・・・

 辻井氏はよく中国に行っていますね。作家協会の代表?として日中の文化交流に力を注いでいらっしゃるようです。

 また前の記事にも確か書きましたが、氏は知る人ぞ知るセゾングループの創始者の堤清二氏なのです。先頃問題になった堤義明氏のお兄さんです。

 日本の政財界のことも熟知しながら詩人として日本とアジアの平和のために努力する方の視点で、アジアの平和と日本の九条の役割、ひいて言えば日本の役割を語っていただけると期待していたのですが、参加できず残念です。

 もし、興味を持った方は下記を見てください。そのうちに動画は配信されると期待しています。

 九条の会オフィシャルサイト
 http://www.9-jo.jp/
 九条の会を記録する会(九条の会の記録を動画配信)
 http://survival.org/index.html

 
【2006/11/25 13:57】 | 日中交流 | コメント(0)

日中友好ジョイントコンサートinとりで

日中友好ジョイントコンサートinとりで


 今月の26日(日)14時~ 取手市民会館大ホールで行われます。出演は崔宗宝氏と取手市在住のオペラ歌手岡本静子さんです。


 岡本静子さんは私もよく存じ上げているのですが、キリッとした美人で、心もキリッとしている方です。久しぶりにお声を聞けるかと思うと楽しみです。

 第1部では「日本と中国の歌」として、落葉松、草原情歌、千の風になってなど。
 第2部「オペラのアリアと世界の歌」として、”フィガロの結婚”からやヴォルガの舟歌、帰れソレントへなどです。

 市民会館大ホールは1000人以上入るホールです。みなさん是非聞きに来てください。
 チケットは
 70-5245(静子の部屋) 78-5191(安本) 76-2555(大熊)
 58-6691(芦田)とのことです。

 崔宗宝氏のご紹介
 http://lbn.cc/sai-soho/
【2006/11/16 11:50】 | 日中交流 | トラックバック(0) | コメント(0)

中国不動産事情

延吉の不動産事情


 延吉の友人がマンションを買いました。新しい高層15階位?の10階で、広さは58平米だそうです。

 延吉市内で中心部から徒歩20分位?(タクシーは市内5元)で1LDK?のようですが、価格は約16万元(1元=約15円)、年間管理費が700元です。

 中国のマンションは”外側”だけ。内装はすべて自分でやります。時間がある人は自分で材料を買い、施工も自分でする人もいるようです。
 内装の施工費用と新しい家具、諸費用などで20万元近い出費のようです。

 延吉がある吉林省の一般労働者の平均賃金は大体500-600元です。ある地方政府の友人は870元と言っていました。
 1000元としても200ヶ月分に相当します。これはまだまだ庶民の高嶺ですね。
 延吉は今急速に発展している都市の一つです。だから不動産価格もかなり上がっているし、また今までになかった高級マンションも多く出来ているのでしょう。

 以前にその友人が住んでいたアパートは、場所は今回のマンションと近くだそうですが、かなり古い建物で狭い階段の4階でした。家賃が月300元だと言っていました。

 他のBlogで読んだのですが、延吉から車で2時間くらい行った北朝鮮との国境付近では、過疎化で空家が多くタダで住めるそうです。

 中国でも5-60年代の日本と同じように農村から都市への人口の集中が起こって、辺境の農村はすでに過疎化しているのでしょう。
 中国政府も最近”経済調整”として、農村の経済発展に力を入れ、過熱した不動産投資に歯止めをかけようとしています。すでに高騰している(北京や上海はすごいようです)ので、止められても下げるのは難しいように思います。
【2006/11/06 10:28】 | 日中交流 | コメント(0)

ご無沙汰しました。

ご無沙汰しました


 随分ご無沙汰してしまいました。
 チョット気分を変えてまた始めようと思いますので、今回に懲りずに今後ともよろしくお願いいたします


 しばらく前に常連の飲み屋さんにいろいろ異変が起きました。突然閉店を宣言したところやマスターが仕事にでるなど・・・
 本当にお店の人も大変です。
 どこかのエライ人たちは”景気は上向きつつある”などと言っていますが、それは自分や自分の周りのことだけを見ているからではないでしょうか?ネエ!福井総裁!?


 これから少し地元に貢献するように(と言っても飲み屋さんや食べ物やさんばかりですが)ネタを増やしていきたいと思います。


 そこで先ず、西口駅前の「季節料理 鷹」さん
 リニュアールオープンして1ヶ月になります。
 お店の中も明るくなったし、マスターも機嫌がいい?(いや変わらないかも)。

 駅を背に歩くと、30メートル位の右側に電光掲示板?が光っています。リーズナブルでお酒いろいろ、焼酎いろいろ、つまみは元寿司職人のマスターが腕を振るいます。

 今度写真も載せますね。ではでは
 
【2006/11/05 06:56】 | ライフ | コメント(0)

最近の中国の政策変化

中国は経済建設の修正を試みている?



最近の中国の報道を見ていると、今までの経済建設の方針を修正しているように思います。



 今までの”改革・開放路線”は、沿海地域の先端技術を重視し、その発展を基礎に従来産業の革新を行い、全体としての経済発展を実現すると言った感じでした。

 しかし、現実には都市部と地方の格差が拡大する一方で、農村地域は相変わらず厳しい生活を余儀なくされています。

 また、外資導入が経済発展の重要な要素である事は事実ですが、誘導する側の計画がずさんなものもあり、必ずしも成功していないプロジェクトも多いようです。


 こうした発展のアンバランスを是正する役割を担っているのが、どうも国務院の「国家発展和改革委員会」のように思われます。
 各級プロジェクトの管理・監督はほとんどが国家及び各省の「発展和改革委員会」です。

 そして、不動産価格の暴騰や国家及び省レベルの投資の抑制及び統制に関する国務院”通達”を出しているのがこの委員会です。

 
 先日参加した「日中省エネルギー・総合環境フォーラム」でも中国側の閣僚級スピーカーの中に、この「国家発展和改革委員会の副主任がいました。

 WEBで見てみると、かなり大きな組織のようです。あらゆる分野を網羅した組織のようで、エネルギーから各産業、文化政策といったものまで、部署がありますしかなりの専門家がいるようです。


 数年前に仕事で国務院直属の「国家発展中心」と言うところの市場経済研究所の副所長と言う方とお話しした事がありましたが、こうゆう人たちも外部メンバーとしては入っているのかもしれません(この組織はまだありますが)。


 多分、今の発展スピードと発展のバランスでは、中国経済は失速するのではないかと私は個人的に感じていました。

 こうした最近の動きを見ていると、私の感じ方もそう当て外れでもなかったと思います(結構多くの方がそう感じていたのですが)。


 もう少し、ウォッチが必要ですが・・・
【2006/06/18 07:21】 | 日中交流 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。

Author:いつもチャレンジし続けたい取手市在住のおじさんです。お問い合わせ等はEmail:m3to51@hotmail.co.jpにお願いします。
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。